コスパがいい

≪ 投稿日:2017-08-07 02:25:51

私が好ましく感じる飲食店の傾向として、コストパフォーマンスが高いという点があげられると思います。とはいっても、安ければいいというわけではありません。食べ物の味や量、店内の環境、接客サービスなどを全て含めてコストに見合っていると思えるお店なら、客単価高めのお店でもかなり好印象になります。

わかりやすく例にとるとすれば、同じ価格帯のファミレスでも180円でソフトドリンクのみのドリンクバーがあるお店と、250円で様々なハーブティーも楽しめるドリンクバーがあるお店なら、後者の方を利用したくなります。値段以上のプラスがあると感じるからです。

打ち合わせなどで利用するなら、500円でコーヒーが飲めても騒がしくて落ち着かず、回転率重視で長居しづらいチェーン店のカフェは向きませんよね。1000円払ってでも、ゆっくりと落ち着いた雰囲気のコーヒーラウンジに行きたいと感じます。コストパフォーマンスの高さは、単純な商品の値段だけでは決められないものがあると思います。

「安くて大盛り」が売りのお店では、静かで穏やかな空間は求めません。安くて大盛りであることがコスパの判断基準です。もちろん最低限の清潔感や接客は欲しいですが……。軽食に2000円かかっても、抜群のホスピタリティと食事の味わい、見た目の美しさがあれば、コストに見合った価値があるといえるでしょう。

真のコストパフォーマンスの高さは「値段」だけの問題ではなく、「品質」「サービス」も含めたトータルバランスで優れていることだと思います。

TOP